リラックスする方法5選

リラックス:
 《名・ス自》緊張をとくこと。くつろぐこと。

マッサージ店やリラクゼーションサロンでセラピーを受けるのももちろん良いんですが、毎日行くとなると難しいですよね。
日々の疲れを癒す、簡単なリラックス方法をご紹介します。

1.お風呂に入る

好きな香りの入浴剤を入れたり、キャンドルやバスライトで空間を演出したり。
熱いお湯をざっと浴びるのが好きな方もいるかもしれませんが、リラックスするためにはぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。
血流がよくなることでコリがほぐれる効果もあります。
入浴前にはお水を飲み、食事の直後やお酒を飲んだ後の入浴は避けるようにしましょう。

2.音楽を聴く


クラシックやゆったりした曲を流すことで、リラックス効果が期待できます。
1/fゆらぎという、情緒や感情を落ち着かせる波長があるモーツァルトの曲などがおすすめ。
ただクラシックは苦手という人にとってはストレスの原因になってしまう可能性もあるので、自分の好きな曲を聞くのが一番リラックスできる方法かもしれません。

3.いい香りを嗅ぐ

アロマオイルなどを使っていい香りを嗅ぐことも、リラックスするのにおすすめの方法。
ただリラックス効果があるからといって、不快に思う香りのものを無理やり嗅ぐ必要はありません
アロマオイルや香水だけではなく、コーヒーにもリラックス効果がありますね。
自分のお気に入りの香りを見つけて、適度に香らせるのがポイントです。

4.動物と触れ合う


アニマルセラピーという言葉を知っていますか?
動物と触れ合うことによって、オキシトシンというホルモンが分泌され、心が落ち着いたりストレスが軽減したりするという癒しの効果が報告されています。
古代ローマ時代に傷ついた兵士のリハビリに馬を用いたセラピーが行われたという記録もあるくらい、歴史の古いものです。
現在では犬や猫などと触れ合って癒された、という声も多くありますね。
自分では動物を飼えないからなかなか触れ合えないっていう場合は、ペットショップやアニマルカフェなどで癒されるのもオススメ。
新宿には、猫カフェだけじゃなくハリネズミカフェや爬虫類カフェなんていうのもあるようです!
そもそも動物アレルギーがあって触れないって方は、可愛いアニマル動画を見るのもいいかもしれません。

5.深呼吸する

478呼吸法って聞いたことありませんか?
「4秒で息を吸って、7秒間止めて、8秒かけて吐く」、というとても簡単な方法なんですが、リラックスできると評判の呼吸法なんです。
副交感神経を沈め自律神経を優位にし心身をリラックスさせることが期待でき、1分で眠れたなんていう声も。
4秒・7秒・8秒と言っても正確に計らなくても大丈夫。自分が苦しくない速さでカウントすれば良いようなので、なかなか眠れないって人は試してみてください。

番外編:玉ねぎ


外国では古くから玉ねぎの安眠効果が知られていて、枕元にスライスしたものを置いておくという民間療法が行われていました。
玉ねぎを刻むと目に染みて涙が出るので、そんなことしたら逆に眠れなくなるんじゃ……と思ってしまうかもしれませんが、その染みる成分こそが安眠効果のある硫化アリル。この硫化アリルの臭いには鎮静効果があり、疲労回復の効果があると言われています。
眠れないと悩んでいる人は枕元にスライスした玉ねぎを置いてみてはいかがでしょう。リラックスしてよく眠れるかもしれませんよ。